『聞き流すだけで英語が習得できる方法とは』

30才を過ぎると本当に実感する英語の価値。



■英語が話せたら人生が変わるのに・・・

英語力の向上を求めている企業がどんどん増えています。
素材や部品を海外から調達したり、輸入販売することが、ごくあたり前に行なわ
れるようになってきたためです。
今のところ、商談のための文書は英語で、上司への報告は日本語で、という企
業が多いですが、今後は英語の文章を作ればそれで済むようにしたいと考える
経営陣が増えるかもしれません。

ビジネスだけでなく日常生活でも海外のお店から直接買物したり、外国人とお話
したりする機会は増えています。

ところが今、多くの人が英語を習得したいと思いながら、できずに困っています。

いざ英会話スクールに通い始めても、

「仕事がいそがしくて、決められた日時に行けない。」
「行きたい時に、スクールの時間帯が合わない。」
「一度さぼると、つい期間があいてしまう。」
「遊びのさそいがあると、そちらを優先してしまう。」

という理由から、一ヶ月も続かない人が、ほとんどのようです。

20代までは、どうしても仕事に直結するスキルアップよりも、遊びを優先させて
しまいます。これは仕方ないことかもしれません。年齢を重ねないと、見えない
ことも多いですよね。
しかし30代になると違います。自分の現実が見えてきます。

「このままではいけない。」
「英語が話せたら、人生が変えられるかもしれない。」

これからの社会は、英語がとても重要です。英語のスキルがあるかないかで、
社内の立場が大きく変わります。英語が話せると、仕事の選択肢が多くなります。
立場が変わるということは、収入も変わるのです。

会社にかかってきた、外国人からの電話に、ドキッとすることもなくなります。
外国からの最新情報を直接得るにも、英語はとても有利です。インターネットで
使われている言語の80%は英語だといわれています。

恋人の前で、かっこよく英語を話したい、というのも立派な目的だと思います。
デート中に、外国人に話しかけられた時、当然のように話せたらいいですよね。

なにより英語を話せるだけで、自分に自信が持てます。そして心に余裕が生れます。


■なぜ多くの日本人は英語が苦手なのか。

「普通に中学、高校、さらには大学と、何年も英語を勉強したはずなのに、英語が話せない。」
「知っている単語も、少しはあるけれど(中学くらいなら)、いざとなると出てこない。」
「簡単な単語でも、外国人の発音が、まったく聞き取れない。」


そんなことが多いですよね。それは大体こんな原因です。

・英単語の暗記が苦手。またはすでに忘れた。
・英文法が難しい。
・辞書をひくのが面倒。
・発音記号が読めない。
・発音が苦手。
・そもそも英語の勉強が嫌い。
・外国人と話す機会がない。


原因がいっぱいありますね。これなら苦手ですよね。苦手なほうが自然です。


英語の勉強をはじめる前に。

今までの学習法は
、机の前に座り、英単語を暗記し、英文法を理解するため、
何度も何度も、くり返しノートに書いて、練習していましたね。
でもほとんどの人が、「努力したのに結果が出ない。」ともがき苦しんでいます。

本当は、英語を習得するのに、ノートも鉛筆も要らないのです。
ほんのわずかに、学習法を変えるだけでいいのです。
むしろ英語は、楽するほど上達します。その方法とは、幼児の学習法をまねることです。



あなたは既にかなりの英単語を知っています。

実は中学英語レベルの1,500語だけで、日常会話はほとんど大丈夫です。


でも中学生の頃、英語が得意だった人も、高校生になると、英語が苦手になるんですよね。


なぜ中学生の英単語は憶えやすいか?
中学生の頃に習う単語は、外来語として日本語の中に溶け込んでいるものが多いですよね。
テレビのコマーシャルでも頻繁に使われます。だから馴染みがあり、憶えやすいのです。
高校で習う単語は、初めて聞く言葉が多い。それで馴染みにくいのです。

例えば「ペン、フラワーコンピューター」。日本語にしなくても理解できます。
ヒーローが好きな男の子なら「レッド、ブルー、グリーン」などは、教わらなくても知っています。
アニメやゲームなどで、最近の子供達はビックリするほど、単語を知っています。

このように自然におぼえた単語と、中学で習った単語を合わせると、数百〜1,000語くらいは
誰でも潜在意識の中には、記憶しています。使わないので忘れているのです。

ということはあと少し追加するだけで、日常会話の1,500語に近づきます。


でも単語を知っているだけでは話せない。
これは文法を知らないとダメという意味ではありません。子供は文法を学んでいません。

単語を知っていても、正しい音声に慣れていないため、外国人の声が聞き取れないのです。
正しい音声と英単語が一致できません。

簡単な「アップル」という言葉でさえ、外国人が言うと聞き取りにくいですよね。
会話となるとなおさらわからない。

英語学習のスタート時(中学1年)、同時にスペルや文法も習いはじめます。
英語を聞ける耳ができていない状態ですから、無理に自己流の発音で、憶えようとします。
要するにスタートの段階で、ハンデができてしまっているのです。


原因は一つ。
これらはすべて一つの原因で起こっています。とても初歩的なことです。

それは、
習得する方法(順番)が間違っているのです。

よく考えると、幼児が言葉を覚えるのに辞書は使いません。ノートも鉛筆も使いません。
文法など勉強しているはずもありません。
母親など周囲からの会話を、繰り返し、繰り返し聞いているだけです。


つまり幼児は、この順番で習得して成長していきます。

聞ける→意思が伝えられる→読める→書ける


これまでの学習は、この「聞ける」という部分が、おろそかにされていたのです。
「聞ける」という土台がないので、その後の習得がとても難しくなります。
読める、書けるは最後です。


どうやって英語を習得するの?

それではもう英語を習得することは出来ないのか?
そんなことはありません。原因がわかっているのですから、解決できればいいのです。

それは簡単なことで、
「幼児と同じ正しい順番で習得する。」

ようにします。


しかし私たちは大人なので、学校や仕事があります。
幼児と同じくらい長時間かけて、気長に習得するのは、時間的に無理です。
そこでちょっとした裏技を使います。

大人には、これまでの記憶の蓄積がありますので、それを上手く利用すると、
短期間で習得することが可能です。それには日本語を最大限活用します。


日本語の記憶を利用して、英語の意味をイメージしやすくします。
音声はあくまで英語で聞いて、意味は日本語からイメージするのです。
次第に英語の音声から、直接意味をイメージできるようになります。

これにより
辞書を使わなくても、英会話に足りない単語を補えます。


聞き流すだけで英語が習得できる方法とは。

具体的に、どうすれば良いかというと

-----------------------------------------------------

@外国人がしゃべった、本物の英語の音声を聞く。


しかしそれでは単語の意味がわかりません。ではどうするか?

A日本語といっしょに、英語の音声を聞く。
できれば、
日本語の次に英語の音声を聞くと効果的です。日本語→英語。

なぜかというと、順番を逆にすると、日本語を聞いているうちに、英語を忘れるからです。
これは人間の本能ですので、順番を間違えると、余計な苦労をすることになります。

Bただ繰り返し聞く
憶えようとしてはダメです。リラックスして聞くだけです。
潜在意識が、勝手に聞いてくれます。幼児は努力しようと思っていません。


ある日、歌の歌詞のように、ふっとフレーズが浮かんでくるようになります。
次に何を言うか、予想がつく状態です。
この段階で、外国人の音声で、英語が理解できるようになります。

そしたら次は

D音声をまねてみる。
すでに聞くことができていますから、以前より簡単に、まねできるはずです。

E文字をみて音声と一致させる。

英語のスペルと、外国人の音声が一致する瞬間です。

そして最後に
F文字を書く練習をする。
ノートや鉛筆は、最後です。

会話と読むことさえ出来ればよいのなら、この練習は要らないかもしれません。
日本人でも、漢字がわからないことは多いですし、新聞に書いてある、すべての日本語を
知っているわけでもありません。でもたいした問題ではないですよね。

同じように、「話せる」「読める」だけで、英語に関する、ほとんどのことはできます。
最近は、文章をパソコンで書くことが多いので「スペルはパソコンにまかせる。」というくらいの
気持ちで大丈夫です。

この点は、テストのない社会人に有利ですね。必要なことだけ学べますから。

-----------------------------------------------------

まだ説明が難しいですね。もっと単純に考えましょう。

正しい方法で習得すれば、
「ただ聞き流すだけ」で英語が習得でるのです。


どうですか。簡単でしょ。
家事をしながら、あるいは通勤、通学の車、電車の中などでチョットした時間にただ聞くだけ。

人間の脳は素晴らしいもので、ボーッとしながら、繰り返し聞いているだけで
英語が自然に頭に残るようになります。ボーッとがポイント。努力してはいけません。

ただ聞いているだけのグループと、一生懸命努力したグループの、聞き取りのテスト
をしたところ、ただ聞いているだけのグループのほうが、成績がよかったという研究結果が
、報告されています。

努力しない方が、潜在意識にまで染み込むのです。それほど人間の能力は、凄いのです。

個人差はありますが1週間もやっていますと、すっかり英語耳、英語感覚が身についてしまいます。

大切なのでもう一度いいますね。あなたがやらなければならない事は、
正しい方法で「ただ聞き流すだけ。」です。

格安で英語を習得する方法。

上記のような条件がすべて満たされる教材なら何でもかまいません。
いろいろ調べてみてください。

だいたい月々4,000円くらいします。年間で約5万円になる計算。ちょっと高いですね。
探す時には日本語→英語の教材をおすすめします。

「もっと安く、今すぐはじめたい!」
という方におすすめなのが、季想社の「聞き流すだけシリーズ。」


↑お申し込みは簡単です。
今すぐクリック。
販売元
有限会社季想社 
〒367-0212
埼玉県児玉郡児玉町児玉2260-13 

なんと、たった2,625円(税込)で、英語が習得できます。
音楽CDとほとんど同じ値段で、英語が習得できるのはいいですね。

これまでの「英語が話せたらな。」という願いをかなえる、きっかけになることでしょう。

この教材のメリットの、ほんの一部を紹介すれば、次の通りです。

1 値段が手頃。2,625円(税込)から数種類。
2 聞き流しているだけで、英語をマスターできるように、工夫されている。
3 辞書なしでも、大体わかるようになっている。
4 覚えやすい、適当な長さの文章。
5 一週間で、すっかり英語耳、英語感覚が身についてしまう。


辞書が要らないのが、とても便利です。発音記号が読めなくても大丈夫。
外国人が、丁寧に発音してくれています。

しかも教材は、レベルごとに、初級から数種類用意されています。


大脳生理学を応用。

「ロミオとジュリエット」と「ボスコム谷のミステリー」では、
大脳生理学を応用し、右耳からは英語が、左耳からは日本語が聞こえる
ようになっています。
左耳で聞いた日本語は、右脳でイメージ化されやすく、右耳で聞いた英語と融合します。
つまり英語を、イメージで理解する状態を作り出しています。



右脳→左脳という連携プレーにより、言語中枢の働きが、数倍に活性化します。


まずは、実物を見て、聴いて、効果を実感してください。




↓お申し込みは簡単です。今すぐクリック。



CD版 小分割/和英順方式「賢者の贈り物」【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式「ロミオとジュリエット」【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式「シャーロック・ホームズ:ボスコム谷のミステリー」【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式「ヨハネの福音書」【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式英語教材CD版4作品(特価)【聞き流すだけで英語を楽々マスター】

「賢者の贈り物」 
英語中級程度
販売価格 \2,625(税込)
 「ロミオとジュリエット」
英語初級程度

販売価格 \5,145(税込)
「シャーロック・ホームズの冒険」
英語中級程度
販売価格 \9,765(税込)
「ヨハネの福音書」
英語初級〜中級程度
販売価格 \8,715(税込)

本気でチャレンジしたい方はまとめ買いがおすすめ。
6作品特価セット
9,640円引き (30 % OFF)
販売価格 \22,490(税込)
MD版 小分割/和英順方式「賢者の贈り物」(MD版)【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式「ロミオとジュリエット」(MD版)【聞き流すだけで英語を楽々マスター】 小分割/和英順方式「シャーロック・ホームズ:ボスコム谷のミステリー」(MD版)【聞き流すだけで英語を楽々マスター】





法律に基づく表示義務事項

■■社 名 いいもの研究会 
所在地 〒905-0401
沖縄県今帰仁村字仲宗根265-4 
TEL 090-6638-1451

Copyright (C) 2002-2005 iimono kenkyukai. All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由に

store-mix