電話加入権、IP電話、ADSLの事がよくわかるホームページです。



電話加入権、IP電話、ADSLを選ぶポイント


 一人暮らしを始めたり、お店を開いたりしてインターネットをしようと思うと電話加入権が必要になります。もちろん光ファイバやケーブルテレビ、携帯モデムを利用すると電話加入権は不要です。しかし賃貸住宅の場合、光ファイバやケーブルテレビの設置工事ができなかったり、携帯モデムは回線速度が遅いのが欠点です。

 色々調べてみると、情報が多すぎてどれを選んでいいのかいまいちかわかりません。「電話加入権?どうして値段が違うの?」「ADSL?」「ISDN?」「セットで買うと安くなる?」そこで電話加入権、IP電話、ADSLを選ぶポイントをわかりやすくまとめてみました。


■電話加入権って何?
 電話加入権とは「施設設置負担金」のことで、NTTが提供する電話回線網を利用するため、利用者が初めて電話を引く時にNTTに支払うものです。(72,000円)
 
電話加入権の譲渡や売買は法的に認められていますので、NNT以外から購入することも可能です。販売業者から購入したり、他の人から譲渡してもらうこともできます。

電話加入権の価格は需要供給関係によって変動します。つまり自由に価格が決められます。NTTで買うと高かったり、販売業者で価格が違うのはこういう理由からなのです。現在は24,000円前後で販売されています。安くてもNTTから購入する場合と内容はまったく変わりません。


■不要になった場合どうなるの?
 NTTでは、「電話加入権は預り金といった性格ではなく、返還すべき性格のものではない。」と考えているようです。
 
そのため不要になってもNTTに買い取ってもらうことはできません。通常は他の人へ譲渡するか、販売業者に買い取ってもらいます。

今は必要無いけど後々使うかも知れないときはNTTに申込めば休止できます。その場合は月額の基本料金は支払う必要がありません。


■安く電話を取り付ける方法。
 安く固定電話を取り付けるには2つの方法があります。

1.販売業者から電話加入権を買う。相場は24,000円前後。
2.NTTの加入電話ライトプランに申込む。月額640円(住宅用、事務所用共)
 
「加入電話ライトプラン」とは、電話加入権を購入しなくても電話が引けるNTTのサービスです。月額640円を支払うだけで、電話が設置できますので短期間だけ電話・FAXを引きたい場合に便利です。

ただ3年チョットで加入権が買える計算になりますので、長期間使う場合にはやはり電話加入権を購入したほうが安くなります。


■インターネットと一緒に申込めばお得。
 電話加入権とADSLサービスを同時に申込むと、電話加入権だけの時より安く購入できます。相場により違いますが、5,000〜6,000円くらい安くなります。ADSLサービスを使うとインターネットが使い放題で、しかもIP電話が使えるようになります。


■IP電話とは?
 IP電話とはインターネット網を使った通話サービスのことです。NTTの通話網を利用する必要が無いため格安で電話ができます。今一番加入者が多いIP電話は「Yahoo!BB」です。Yahoo!BBに申込むメリットは以下の通りです。

・高速回線のインターネットが使い放題。
・Yahoo!BB加入者同士は通話が無料。
・加入者同士でなくても日本全国一律7.5円/3分
・国際通話料 2.5円/1分 (アメリカ本土の場合)
・携帯電話へ 20円/1分

インターネットを使わない場合でも月額1,280円でIP電話が使えます。固定電話等からIP電話(050番号)への通話サービスも始まり、操作は今までの電話とほとんど変わりません。


■電話加入権を申込む時の注意点。
 電話にはアナログ回線とデジタル回線があります。ADSLサービスはアナログ回線でしか利用できませんのでご注意ください。アナログ電話とはいわゆる普通の電話です。デジタル回線とはISDNを利用する時のものです。

また、電話加入権を申込む時には付加機能を一切無しにすることをおすすめします。付加機能とはプッシュホン、キャッチホン、ナンバーディスプレイ、マイラインなどのことです。付加機能を同時に申込むと、初回の購入金額はかなり安くなりますが、月々の支払が高くなります。


■付加機能の説明。
・プッシュホン(月額390円)
※や#が使えるようになります。サービスセンターなどに問合せた時、音声ガイダンスで「番号を押した後にシャープを押してください。」というメッセージが流れますが、そのような時に使えます。

・キャッチホン(月額300円)
通話中にかかってきた電話に出られます。

・ナンバーディスプレイ(月額 住宅用:400円/事務用:600円)
かかってきた番号を表示しますので、発信者がわかります。

・マイラインをKDDIで登録(0円)
市外・国際通話が最大50%割引になります。
マイラインは月々の利用料はかかりません。 もしマイライン登録の申込がなかった場合は「市内通話」「同一県内の市外通話」はNTT西日本に、「県外への通話」はNTTコミュニケーションズでの利用となっています。

マイラインは便利なようですが、IP電話なら日本全国格安で通話できますので不要です。


■ADSLを選ぶポイント
1.利用者数が多いサービスを選ぶ。
1位 Yahoo!BB、 2位 フレッツADSL、 3位 OCN、 4位 DION

加入者同士のIP電話通話料はいくら使っても無料ですから、利用者の多いサービスの方が相手も同じサービスに加入している確立が高くなります。

2.月額料金が安い。
各社料金はまちまちですが上位4社はほとんど同じくらいです。

3.回線速度が速い。
回線速度は普通に使うのなら12Mbpsあれば十分です。使用目的がネットゲームや動画なら回線速度は速いほどいいです。ADSLなら使いたい放題でお金を気にしないでできるので最適です。 速度が速くなるほど、月額料金は高くなります。


■いくらかかるの?
月額の料金は、「NTT基本料金+ADSL料金」となります。

【NTT基本料金】:(住宅用)1,750円 (事務用)2,600円 
【Yahoo! BBの場合】:24Mbpsの場合3,850円、12Mbpsの場合3,538円
・モデムレンタル料は含まれます。
・BBフォンの通話料金は別途かかります。(加入者同士以外との通話)


■結局どれがいいの?
 電話加入権購入時にADSLも同時に申込めば安心で楽です。電話加入権をお持ちでしたら、Yahoo! BBのみ申込めばOKです。以下に余計な付加機能をつけないでも申込めるサービスを選んでみました。全国どこからでも電話新設とADSLの申込みができます。

・電話加入権だけ申込みの場合。

・Yahoo! BB 12Mbpsだけ申込みの場合。

・アナログ電話加入権+Yahoo! BB 12Mbpsを同時に申込みの場合。
・アナログ電話加入権+Yahoo! BB 26Mbpsを同時に申込みの場合。




アナログ電話加入権+Yahoo! BB 12Mbps
(余計なセット無しです。)




 




関連商品

 






法律に基づく表示義務事項

■■社 名 いいもの研究会 
所在地 〒905-0401
沖縄県今帰仁村字仲宗根265-4 
TEL 090-6638-1451

Copyright 2004 iimono kenkyukai. All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由に

悩み・コンプレックス解消TOPへ
store-mix